sdb

SNSACシリーズ空気圧式空気源処理ユニットFRLコンビネーションエアフィルターレギュレータールブリケーター

簡単な説明:

1、ガス源処理装置の作動媒体は、清潔で乾燥した圧縮空気を使用する必要があり、不純物がシステムに侵入してシリンダーやバルブの誤動作を引き起こすのを防ぐために、配管内の空気を完全に吹き込む必要があります。配管システム内の燃料ミストは潤滑する必要があります。2、エアソースプロセッサーがシステムの正常な動作を維持した後、エアフィルターとオイルミストの動作状態を定期的にチェックし、時間内に水を排出して給油する必要があります。3、さまざまな空気圧コンポーネントの動作を頻繁にチェックし、固定ボルトが緩んでいないかどうかをチェックしますか?エレメントのシールに損傷や漏れはありませんか?4、メンテナンスの際は、事前にガス源を遮断し、パイプラインシステム内の圧縮空気を空にしてからメンテナンス作業を行う必要があります。5、修理および再組み立ての際にはコンポーネントを洗浄する必要があり、不純物をシステムに持ち込まないでください。


製品の詳細

製品タグ

モデル AC1010-M5 AC2010-01 AC2010-02 AC3010-02 AC3010-03
モジュール フィルターレギュレーター AW1000 AW2000 AW2000 AW3000 AW3000
ルブリケーター AL2000 AL2000 AL2000 AL3000 AL3000
ポートサイズ M5×0.8 PT1 / 8 PT1 / 4 PT1 / 4 PT3 / 8
圧力計ポートサイズ M5×0.8 PT1 / 8 PT1 / 8 PT1 / 8 PT1 / 8
定格流量(L /分) 90 500 500 1700 1700
ワーキングメディア 圧縮空気
証拠圧力 1.5Mpa
規制の範囲 0.05〜0.7Mpa 0.05〜0.85Mpa
周囲温度 5〜60℃
フィルター精度 40μm(通常)または5μm(カスタマイズ)
推奨される潤滑油 タービンNO.1オイル(ISO VG32)
ブラケット(1つ) Y10T Y20T Y30T
圧力計 Y25-M5 Y40-01
材料 ボディ素材 アルミニウム合金
カップ素材 PC
カップカバー AC1010〜AC2010:AC3010なし〜AC5010:あり(スチール)

 

モデル AC4010-03 AC4010-04 AC4010-06 AC5010-06 AC5010-10
モジュール フィルターレギュレーター AW4000 AW4000 AW4000 AW5000 AW5000
ルブリケーター AL4000 AL4000 AL4000 AL5000 AL5000
ポートサイズ PT3 / 8 PT1 / 2 G3 / 4 G3 / 4 G1
圧力計ポートサイズ PT1 / 4 PT1 / 4 PT1 / 4 PT1 / 4 PT1 / 4
定格流量(L /分) 3000 3000 3000 5000 5000
ワーキングメディア 圧縮空気
証拠圧力 1.5Mpa
規制の範囲 0.05〜0.85Mpa
周囲温度 5〜60℃
フィルター精度 40μm(通常)または5μm(カスタマイズ)
推奨される潤滑油 タービンNO.1オイル(ISO VG32)
ブラケット(1つ) Y40T Y50T Y60T
圧力計 Y50-02
材料 ボディ素材 アルミニウム合金
カップ素材 PC
カップカバー AC1010〜AC2010:AC3010なし〜AC5010:あり(スチール)

注:定格流量は0.7Mpaの圧力下である必要があります。

モデル ポートサイズ A B C D E F G H J K L M N P
AC1010 M5×0.8 58 109.5 50.5 25 26 25 29 20 4.5 7.5 5 17.5 16 38.5
AC2010 PT1 / 8、PT1 / 4 90 164.5 78 40 56.8 30 45 24 5.5 8.5 5 22 23 50
AC3010 PT1 / 4、PT3 / 8 117 211 92.5 53 60.8 41 58.5 35 7 11 7 34.5 26 70.5
AC4010 PT3 / 8、PT1 / 2 154 262.5 112 70 70.5 50 77 40 9 13 7 42.2 26 88
AC4010-06 G3 / 4 164 267 114 70 70.5 50 82 40 9 13 7 46.2 36 88
AC5010 G3 / 4、G1 195 345 115 70 70.5 50 95 45 12 16 10 51 46 98

注:B値は、排水モジュールによって異なります。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

 


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください